ここから本文です

阪神・メッセンジャー 2発で7回4失点「自分自身にイライラしますね」

5/19(日) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神0-4広島」(18日、甲子園球場)

 曇天の甲子園にアーチが架かると、無情のゴングが鳴った。「自分自身にイライラしますね」。阪神・メッセンジャーは、敗者の通路で悔しさを押し殺した。

【写真】ホントに甲子園? 真っ赤に染まったスタンド

 初回2死一、三塁から5番・西川。高めに浮いた初球の直球をはじき返された。打球は弾丸ライナーで右翼スタンドへ。「相手のタイミングも完璧ではなかったと思うんだけど、芯で捉えられて」。六回には2死からバティスタにソロを浴び「芯でうまく捉えられた」と振り返った。完全な失投ではないからこそ、痛打が余計に腹立たしい。

 だが、二回から五回までは1人の走者も出さない完璧投球。4失点でも7回を投げ切った122球の熱投は、エースの意地だった。背負った敗戦を受け止め、本来の輝きを取り戻す。

最終更新:5/19(日) 9:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 18:45

あなたにおすすめの記事