ここから本文です

2号2ランの大谷に敵将ロイヤルズ・ヨストも脱帽「今年もデンジャラスだ」

5/19(日) 15:09配信

デイリースポーツ

 「エンゼルス6-3ロイヤルズ」(18日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場し、2-0の六回に中押し点となる2号2ランを放つなど、4打数1安打2打点だった。復帰後本拠地初本塁打で自己最多タイの6試合連続安打をマークし、打率を・286とした。チームは2連勝で借金返済まで1とした。

【写真】打った瞬間の角度 見事すぎる2号弾

 大谷が六回に2号2ランを放ち、点差は4に開いた。ロイヤルズのヨスト監督は試合後の会見で初回のトラウトの先制弾と合わせた2本の本塁打を「ダメージを受けた場面はいずれもボールが甘く入っていた」と、先発ジャニスの失投を指摘した。

 チームは5点を追う八回に3点を返して2点差に詰め寄ったが、反撃はそこまで。結果的に大谷の一発が勝敗を分けた格好となった指揮官は「彼は去年もデンジャラスだったが、今年もデンジャラスだ。何も違いは感じられない」と話した。

最終更新:5/19(日) 15:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事