ここから本文です

猫には地震予知能力があるのか? 京大猫研究チームに聞いた

5/19(日) 16:35配信

デイリースポーツ

 日本は地震大国。阪神・淡路大震災の時、大きな揺れが来る前に慌てだした猫もいるようですが、猫には地震予知能力があるのでしょうか。京都大学で猫の心理を研究しているチームCAMP-NYANに教えてもらいました。

【写真】猫は環境の変化にとても敏感。家具の下に隠れる猫

■猫は地震を予知、察知できるのか

 「大阪の叔父が可愛いがってた猫の話。ある日の早朝もの凄く鳴くので叔父が起き上がって廊下に出た瞬間、あの阪神大震災がきて布団の上半身側に大きなタンスが倒れてたらしい。それ以後私の一族はみんな猫を飼ってる。布団も猫さま優先です」

 「猫の行動が普段と違っていたら、油断せずに備えて下さい。熊本地震本震前、愛猫が窓や扉から外に出たがってものすごくガリガリしてました。ちなみに完全室内猫で外の世界を知りません」

 (いずれもツイッターの投稿より)

 -猫は地震を予知することができるのでしょうか。予知したかのような行動をした猫もいれば、何も知らずに寝ていて、地震が揺すったら、驚いて外に逃げてしまった猫もいるようですが。

 CAMP-NYAN:猫は環境の変化にとても敏感で、特に、音に関しては人間より、ずっとよく聴こえるので、地震の初期に発生するP波が聞こえるのかもしれません。P波は、地中で起こる初期微動と言われる地震波で、小さな揺れが発生すると同時に地響きもするので、音に敏感な猫は、落ち着かなくなる。つまり、地震をいち早く予知、あるいは察知しているのかもしれません。

 -猫が「いまから地震が来るよ~」と、教えてくれるといいですね。

 CAMP-NYAN:それができるといいのですが、人間と話せる言語を持っていないので、仮に予知能力や察知能力を客観的に証明することが難しいのです。猫については、まだ分かっていないことが多いのですが、地震と猫についても、これから研究が進められるでしょう。

■猫は音に敏感、大きな音は出さないで!

 -ところで、猫はそんなに音に敏感なのでしょうか。

 CAMP-NYAN:たとえば、掃除機の音やテレビの音、ドライヤーの音など、家電の音も猫には大きな音なので、ストレスになることがあります。ベッドは、テレビから離れたところに設置しましょう。

 -チャイムの音がすると隠れてしまう猫もいるようですが。

 CAMP-NYAN:大きな音や不自然な音だけでなく、チャイムや電話のように突然鳴り出す音も苦手なんです。その音が嫌な体験と結びつくとさらに不快感が増すとも考えられています。たとえば、「ピンポーンとチャイムが鳴ったら、知らない人が家の中に入ってきて怖かった」という経験をすると、チャイムの音を聞くだけで嫌な気持ちになるのです。

 機械音の他にも、人間のくしゃみや子供が発する大きな声というのも、猫は苦手なので、注意してあげるといいでしょう。

(まいどなニュース特約・渡辺陽)

◆取材協力 京都大学 CAMP-NYAN コンパニオンアニマルの心の動きを心理学の行動観察の手法を用いて調査・研究する「京都大学CAMP(コンパニオンアニマルマインドプロジェクト)」。CAMP-NYANは、猫に特化したチームです。

https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/psy/camp2017/information.html

最終更新:5/19(日) 17:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事