ここから本文です

7戦全勝の鶴竜、栃ノ心、ともに敗れる 横綱は令和初の金星配給 再出場の貴景勝は黒星

5/19(日) 18:21配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所・8日目」(19日、両国国技館)

 7戦全勝の横綱鶴竜(井筒)、関脇栃ノ心(春日野)がともに敗れ、中日で全勝がいなくなった。鶴竜、栃ノ心、前頭8枚目朝乃山(高砂)の3人が1敗で並んだ。

【写真】バッタリ倒れた貴景勝、腹にべったり土

 鶴竜は対戦した前頭三枚目玉鷲(片男波)との立ち合いがなかなか合わず、立ち合いで相手の勢いに押されると、そのまま押し出されて完敗。令和になって初の金星を配給した。

 10勝すれば来場所で大関に復帰できる栃ノ心は遠藤(追手風)の上手出し投げに屈して、今場所初めて土がついた。

 平幕で好調を維持する朝乃山は宝藤を突き出して1敗を死守した。

 大関陣では、右膝の負傷による休場から再出場した新大関貴景勝(千賀ノ浦)が小結碧山(春日野)の変化についていけず叩き込みで敗れ、3勝3敗2休となった。

 一方、豪栄道(境川)は御嶽海(出羽海)を寄り切って5勝3敗。高安(田子ノ浦)も隠岐の海(八角)を寄り切り、5勝3敗とした。

最終更新:5/19(日) 18:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事