ここから本文です

【巨人】苦手“初物”から試合開始2分で先制 1番・山本&2番・坂本勇の2人で1点

5/19(日) 14:58配信

スポーツ報知

◆中日―巨人(19日・ナゴヤドーム)

 巨人が1番・山本泰寛内野手(25)と2番・坂本勇人内野手(30)が2人で、試合開始2分で先制点をもぎ取った。

 初回先頭の山本が“初物”の先発・清水の直球を捉え、左中間を破る二塁打を放つと続く坂本勇が初球の直球を捉え、中前適時打。「先制点を取れてよかったです」と振り返った。

 「ヤマ・サカ」コンビの速攻で先制点を奪うと、なおも2死三塁で、5番・亀井がカーブを捉え、左翼線へ適時二塁打で2点目を奪い、「いい追加点になりました」と話した。

 チームは巨人戦初登板の投手、いわゆる“初物”を苦手とするが、この日は“初物”の立ち上がりを攻めたて、先取点をマークした。

最終更新:5/19(日) 14:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 18:35

あなたにおすすめの記事