ここから本文です

華原朋美、妊娠発表後初の公の場 ふっくらおなかで「ヒューヒューだな」

5/19(日) 19:52配信

スポーツ報知

 今月初旬に妊娠6か月であることを公表した歌手の華原朋美(44)が19日、栃木・岩船山で毎年開催される野外音楽イベント「岩船山クリフステージ」に出演した。

【写真】43歳・山本モナ、臨月ショットを公開

 妊娠発表後初の公の場。午後7時すぎにステージに姿を現した華原はヒールのないフラットなサンダルに、ゆったりとした赤とピンクのワンピース姿。1曲目の「I BELIEVE」を歌い終えると「うれしいことに、自分の赤ちゃんができて、おなかの赤ちゃんと一緒に楽しみたいのでよろしくお願いします」とあいさつ。観客からも「おめでとう~!」と祝福の声が飛んだ。

 約40分間のステージで「I’m proud」など6曲を披露。伸びやかな歌声を響かせた。「歌っている最中もポコポコ動いてくれてうれしく思っています。なんだかヒューヒューだな」と、かつて自身が出演した「桃の天然水」のCMの流行語に引っかけて幸せそうに話した。すでにママモードに突入しているようで「今までは目の前を通り過ぎていた(ベビーグッズの)お店に入ったり、幼稚園に『3年ぐらい先の話なんですけど…』と電話したら『まだ早いですね』と言われました」と笑わせ、「赤ちゃんが幸せを与えてくれて、未来がすごく楽しい」とかみしめた。

 華原は今月4日、昨秋から交際していた外資系企業勤務の一般男性との間の赤ちゃんを妊娠し、8月に出産予定であることがスポーツ報知の報道などによって明らかに。華原も自身のファンクラブサイトで「新しい家族と新時代を迎えられる事もとても幸せに思います。今まで経験したことに感謝しながら、新しい命に力をもらってこれからも歌い続けていきたいです」と喜びをつづっていた。

 ステージ終盤には「赤ちゃんが生まれたら、またこのステージに帰ってこれるように頑張ります!」と誓っていた。

最終更新:5/19(日) 23:36
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事