ここから本文です

今日は令和最初の満月 北日本を中心に観測チャンス

5/19(日) 12:10配信

ウェザーニュース

 今日、19日(日)は満月です。令和最初の満月はどのエリアで見られるでしょうか?

北日本を中心に観測チャンスあり

 今夜は北日本から東日本は高気圧に覆われて月が見られるところが多くなります。

 満月をしっかり見られそうなのは北日本や北陸エリア。

 上空の薄雲が広がって朧月になる可能性がありますが、お月見には問題ない天気になりそうです。

 ただ、湿った空気の影響を受ける西日本や、東日本の太平洋側の地域では雲の多い夜となるため、月を見るには雲の隙間が出来ることを祈るしかなさそうです。

満月とは?

 月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射することで輝いています。そして、地球から見た時に太陽の光を反射している面がどこを向いているかで、三日月や上弦の月、満月など、見かけ上の形は変わります。

 天文学的な定義では、満月は地球を真ん中にして太陽と月の位置が一直線に並ぶ(月と太陽の黄経差が180度になる)瞬間を指します。

 2019年5月の満月の瞬間は日本時間19日6時11分のため、19日の夕方頃に昇ってくる月が満月となります。

5月の満月はフラワームーン

 アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前をつけていました。5月は、多くの花が咲くことにちなんで名前がつけられたと言われています。

ウェザーニュース

最終更新:5/19(日) 12:10
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事