ここから本文です

50歳を超えて「ひとり暮らし」を始めたバツイチ男 「モノなしライフ」のポイントとは?

5/19(日) 8:53配信

DANRO

独身男がひとりで暮らしている部屋というと「なんか雑然と散らかっていて、オヤジ臭漂う感じ」と思われることが多いでしょう。私の場合、かつて家族と一緒に住んでいた頃は、四畳半の書斎(?)にすべて必要なものを集めて、まさにそんな感じでした。でも、52歳だった3年前に離婚し、ひとり暮らしになってから、むしろ部屋がスッキリしました。簡単にそのいきさつをお話しましょう。(嶋啓祐)

【画像】部屋に棚を置かず、スッキリとした空間に

もう1回結婚するためにも「部屋を綺麗に!」

25年間の結婚生活に別れを告げ、「これからどこに住もうかな」と思った時。東京の荒川区で不動産事業を営む友人K子さんから魅力的なお知らせがありました。「1年半後に建て壊しになるアパートがあるの。狭くてもよければそこなんかどうかしら?」。

条件も魅力的だったので、下見に行ってみると、ワンルームと聞いていたのに「あれ、2DK!」。さらに裏には大きな公園、向かいには綺麗な図書館と環境も抜群だったという幸運に恵まれたのです。

そんな事情もあり、山手線の西側の世田谷区赤堤から東側の荒川区町屋へ、一気に生活環境を変えたのでありました。

久しぶりのひとり暮らしを始めるにあたって、いわゆる「断捨離」を決心。「せっかく環境が変わったので、生活のスタイルも変えてみよう!」と意気込んだのです。

特にこだわるモノも、突き抜けた趣味もない私は、段ボール箱に入った荷物を出しては並べ、並べては動かしてみました。そうするうちに、たいしたモノがないにもかかわらず、2DKの室内はCDや雑誌で散らかり、いつしか「雑然とした感じ」になっていったのでありました。

ちなみに、どんなモノがあったかというと、テレビはなく、ラジオが1台。BOSEのCDプレーヤーと山のようなCD。それに、小さな丸テーブルと椅子が4つ。洗濯機はなく、なぜか大型の冷蔵庫とポットと炊飯器。あとは押し入れに入れた透明衣装ケース。家電や箱モノはこれだけです。

当時の私は、「もう1回結婚して新婚旅行に行きたいっ!」と思っていました(いまも変わらずですが)。そこで「これじゃあ、彼女も引くよな」という部屋を「できる範囲でちょいスッキリさせよう」と考えました。そこでポイントとなったのは「散らからない部屋の仕組み作り」だったのです。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 12:13
DANRO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事