ここから本文です

【MLB】大谷翔平、本拠地初アーチ2号2ランに自画自賛 「効果的なホームランになった」

5/19(日) 14:02配信

Full-Count

トラウトとのアベックホームラン今季初、通算5度目

■エンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場。復帰後、本拠地初アーチとなる2号2ランを放ち4打数1安打2打点の活躍でファンを沸かせた。チームは6-3で勝利した。試合後はTVインタビューに応じ「いい点の取り方ができてよかった」と手応えを口にした。

【動画】豪快弾に地元ファン総立ち! 大谷翔平、本拠地で234日ぶりとなる今季2号ホームラン

 ファンは総立ちで大谷を迎えた。6回1死一塁の第3打席。先発右腕ジュニスの初球の91マイル(約146キロ)の直球を捉えた打球は高々と舞い上がり右翼に飛び込んだ。本拠地でのホームランは昨年9月26日(同27日)のレンジャーズ戦以来、234日ぶりだった。

 チームは初回にトラウトの通算250号ソロで先制。大谷とのアベックアーチは今季初、通算5度目となった。

 4試合ぶりの一発は貴重な2号2ランとなり「いい所で追加点を取れて、効果的なホームランになってくれてよかった。自分のタイミングでしっかり振りたいなと思って。先頭も出ていたのでいい点の取り方できてよかった」と振り返った。

 本拠地では234日ぶりの一発となったが「中々、長打が出てないので、自分の仕事できてないなという気持ちあったが今日は1本出てくれてよかったです」と笑顔。これで10試合を終えたが「チーム状態がいいので、それに乗ってちょっとずつ状態を上げていければいいなと思います。もっともっと活躍できるように状態を上げていきたい」と力を込めた。

 これで大谷は今季10試合に出場し打率.286、2本塁打、8打点。11日(同12日)のオリオールズ戦から6試合連続安打と好調をキープしている。

Full-Count編集部

最終更新:5/19(日) 14:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事