ここから本文です

「ソアリン」とは? 東京ディズニーシーに7月オープン。「早く乗りたい!」と期待寄せる声

5/19(日) 14:19配信

ハフポスト日本版

東京ディズニーリゾート公式サイトが5月17日、東京ディズニーシーに7月23日にオープンする新アトラクション『ソアリン:ファンタスティック・フライト』の内部動画を公開した。

【動画】「ソアリン」とは? 東京ディズニーシーに7月オープン。「早く乗りたい!」と期待寄せる声

『ソアリン:ファンタスティック・フライト』は、アメリカ・フロリダ州にあるディズニーのテーマパークで人気を博す大型アトラクション『ソアリン』に、新たなシーンが加わった、東京ディズニーシーのオリジナル。


子供から大人の方まで幅広い世代が楽しめるシミュレータータイプのアトラクションで、博物館を飛び出して乗り物に乗り、世界中の名所や大自然をめぐる空の旅ができる。

メディテレーニアンハーバーのエリア内に新設される。また、ファストパスの対象アトラクションとなる。

公開された約1分の動画は、博物館の外観の映像から始まる。続いて館内の様々な展示物が映された後、訪れた人らが乗り物に乗り込んで空を旅する様子が映し出されている。

動画の公開を受け、ネット上では「早く乗りたい!」「日本にソアリンが来るの楽しみにしてた」など、期待を寄せる声が多く上がった。

2020年春、新エリア・新アトラクションが続々オープン予定

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、今後の開発計画をすでに発表している。

それによると、2020年春には映画『美女と野獣』をテーマにした「美女と野獣エリア(仮称)」や、映画『ベイマックス』に登場した人気キャラクターのベイマックスをテーマにしたアトラクションが新たにオープンする予定だ。

朝日新聞デジタルによると、東京ディズニーリゾートの2019年度の入園者数は、35周年のイベントが終了した翌年であることを踏まえ、前年度に比べ7.9%減の3千万人を見込んでいるという。

一方、2020年度は新エリアがオープンする影響で、過去最高の入園者になることを目指している。

東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、国をあげた外国人観光客の観光振興が進む中、もし東京ディズニーリゾートを訪れる計画をしているなら、狙い目は今年かもしれない。

小笠原 遥 Haruka Ogasawara

最終更新:5/19(日) 15:05
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事