ここから本文です

ラーメンは“顔パス”で食べる時代に!? あの人気店が顔認証を導入した理由

5/19(日) 11:08配信

食べログマガジン

あのラーメン凪が顔認証と定額制サービスを導入!

様々なジャンルの業界で広がりつつある「定額制サービス」。飲食業界にもその波は押し寄せている。「すごい煮干ラーメン」が人気の「ラーメン凪」では定額制サービスだけでなく顔認証も導入。その経緯を訊いた。

「ラーメン凪」と言えば、ラーメン業界に新しい風を巻き起こす存在として知られている人気店だ。そのラーメン凪が今度はなんと、ラーメン業界初の顔認証を導入! 顔認証を利用して、ラーメン食べ放題パスを始めたというのだ。それは一体どういうものなのか? なぜそんなことを始めたのか? その理由を探りに顔認証導入一号店の田町店へ向かった。

顔認証を始めたきっかけは、大宮店で実施しているシステムである「空飛ぶラーメン」だったという。「空飛ぶラーメン」はiPadで注文すると、自分の席までラーメンをレーンで運んでくれるというシステムだ。そこで導入したiPadを使ってさらに新しいことを始められないかと考えた末にひらめいたそう。

とにかく他ではやっていないような面白いことをやってみたいというのが凪の店主である生田智志さんの方針であり、その考えに賛同した多くの優秀なラーメン職人が凪に集まったそうだ。面白いと言っても、お客様が楽しんでお店に通いたくなるような仕掛けを練りに練った末に顔認証システムの導入となった。

顔認証に登録するにはどうすればいいのか? まずはお店の券売機の左上にあるiPadで「顔パス登録はこちらから」を選択。

その後、「食べ放題パス」を選択。現在選べるパスは、「ライトパス(1カ月・8,000円)」「プレミアムパス(3カ月・22,000円)」「タイムパス(3カ月14時~22時限定・15,000円)」の3種類。

そしたらいよいよ顔認証。正面からと右30度、左30度の3つの角度で撮影。うまくいかなかった場合には撮り直しも可能だ。マスクや帽子は外して撮影するほうがいいそうだ。

その日に食べたいラーメンも一つ選択する。そして出てきた紙を店員に渡してお金を払ったらその日から食べ放題がスタート。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 11:08
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事