ここから本文です

総務相、泉佐野市に反論 ふるさと納税新制度除外

5/19(日) 12:40配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

ふるさと納税の新しい制度から除外された大阪・泉佐野市が「権力の乱用」などと批判していることについて、石田総務相は強く反論した。

石田総務相は、「具体的には、2年前からこういう方向でお願いしますと。われわれとしては、きちっと手続きを踏んで、法に基づいて対応している」と述べた。

過度な返礼品が問題となったことを受けた法改正で、6月からふるさと納税制度から除外される泉佐野市側は、17日、総務省が施行時点からさかのぼって法律を適用しているなどと批判した。

石田大臣は、視察先の熊本市で、2年前から返礼品について「寄付額の3割以下」、「地場産品」などの条件を明示したと指摘したうえで、「納得し、対応いただいた自治体がたくさんある中で、最終的にご理解いただけなかった」と、泉佐野市に反論した。

FNN

最終更新:5/19(日) 12:40
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事