ここから本文です

【動画】四国・九州南部で大雨に警戒を 火曜日は関東や東海も大雨のおそれ(19日19時更新)

5/19(日) 19:50配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 20日(月)は九州南部や四国を中心に大雨となるおそれがあります。特に九州南部では、これまでに降った雨の量が多くなっている所があるため、引き続き土砂災害に厳重に警戒してください。全国的に風も強まって、荒れた天気となりそうです。西から雨の範囲が広がり、夜は東日本や北日本も広く雨となって、21日(火)は、東海や関東で大雨のおそれがあります。今後の情報に注意してください。

 20日は湿った空気の影響で、西から雨雲が広がります。午前中は西日本を中心に雨となり、九州や四国の太平洋側を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。20日の夕方にかけて予想される雨の量は、四国の太平洋側で250ミリなどとなっていて、九州南部でもさらに雨の量が増える予想です。
 午後になると、東海や北陸、関東にも雨の範囲が広がっていきます。夜には、東日本や北日本も広く雨となり、東日本では夜遅くなるほど、強く降りそうです。21日にかけて、寒冷前線がゆっくりと日本付近を通過する見込みで、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になります。
 21日は、東日本や北日本で激しい雨の降る所があるでしょう。東海や関東では断続的に雨が続き、雨の量が多くなるおそれがあります。関東甲信では、21日の夕方までの24時間で、多い所で200ミリから300ミリもの雨が予想されています。最新の情報に注意するとともに、土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒が必要です。
 また、20日は全国的に風も強まり、強風や高波にも注意が必要となります。

 20日の最高気温は19日(日)よりも低い所が多いですが、それでも25℃前後の所が多いでしょう。ジメジメと感じられる所もありそうです。一方、新潟では30℃くらいまで上がる予想で、熱中症に注意が必要です。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:5/19(日) 19:50
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事