ここから本文です

さだまさし、アリスとの出会い語る グループ名からキャンディーズ連想も…

5/19(日) 7:45配信

MusicVoice

 シンガーソングライターのさだまさしが18日放送のフジテレビ系『MUSIC FAIR』に出演。6年ぶりに再始動したアリスとの出会いに触れ、グループ名とのギャップに「ガッカリした」などと語ると堀内孝雄からツッコミを入れられた。

 6年ぶりに活動を再開した、堀内、谷村新司、矢沢透による3人組グループ・アリス。今年で3人とも70歳を迎え、さだは「アマチュアの頃からの知り合い。まあそういう意味では先輩ですけど、アリスが元気っていうのは嬉しいですね」と言葉を寄せた。

 司会の女優・仲間由紀恵は、さだとアリスの出会いについて尋ね、さだが20歳くらい、アリスのメンバーが21、2歳の頃に出会ったことを振り返った。

 アマチュアだった当時、長崎でラジオ番組をしていたさだ。毎週ゲストが登場していたといい、「『来週はアリスっていう3人組が来るから』って言われた時のトキメキね。アリスっていう3人組と聞けば、イメージはキャンディーズみたいなのしか連想しないじゃないですか」と話した。

 大人気を博した女性3人組ユニットを想像し、「妄想が広がって前の、日から寝られないくらい緊張しちゃって」と、さだは興奮を抑えきれなかった様子。

 ところが、「アリスの皆さんで~す、ドン、ドン、ドン…」と実際にアリスが登場し、「汚い人が来たなあ、汚い人が」と想像していたイメージとのギャップに驚き。強烈なワードが飛び出し、堀内からは「汚い人って言うんじゃない」とツッコミを入れられた。

 さだは続けて、「あの時のガッカリした思いは今だにアリスに対して変わりませんね」と当時の記憶がはっきりと脳裏に刻まれているようで、懐かしく振り返っていた。

 その時からおよそ半世紀が経ち、今なお現役で活動している2組。谷村は「そう言われるとちょっとびっくりしますね」とし、さだは「昭和の頃からずっと一緒に歩いてきましたからね」と感慨深げだった。

最終更新:5/19(日) 7:45
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事