ここから本文です

知ってた? 実は芸名だったセレブ5

5/19(日) 23:50配信

ELLEgirl

スターは生まれた時からスターと錯覚してしまいそうなほど、芸風としっくり馴染んでいるセレブたちのステージネーム。彼らの意外な本名や芸名の由来を一挙ご紹介!

【写真】整形なんて当たり前? 整形疑惑のあるセレブ15

ケイティ・ペリー(本名:キャサリン・ハドソン)

ケイティ・ペリーは女優のケイト・ハドソンと混乱されないようにするために、母親の苗字を使っているそう。

カルヴィン・ハリス(本名:アダム・リチャード・ワイルズ)

スコットランド出身の人気DJ、カルヴィン・ハリスは、印象を変えるためにまずは自分の名前を変えたという。「僕の最初のシングルはソウルっぽい曲調だったんだ。カルヴィン・ハリスというのは人種的に曖昧な感じがしたからそうした」とイギリスの無料週刊誌『ShortList』のインタビューで答えている。

エマ・ストーン(本名:エミリー・ジーン・ストーン)

「私の本名はエミリーなの。でも、その名前はすでにSAG(映画俳優組合)で取られていたの」と『W』誌に語ったエマ。「私は16歳だったわ……16歳に新しい名前を選ばせると、面白いことになるわよ。だって私は『今日からライリーになる』って宣言して、約半年はライリー・ストーンだったのよ」。試みは失敗で、彼女は撮影現場でその名前を呼ばれても返事できなかったという。「だから、今度はエマに変えたの。だって、本名のエミリーに似てるし、親しい人たちは私のことを”エム”って呼んでるしね」

リアーナ(ロビン・リアーナ・フェンティ)

彼女は友達や家族の前ではまだロビンで通しているとのことで、「”ロビン”って呼ばれているのを聞くと、ハッとしちゃう」と米『ローリングストーン』誌で打ち明けている。

ジジ・ハディッド(本名:ジェレーナ・ノーラ・ハディッド)

売れっ子モデル、ジジ・ハディッドはジリアンやジーナなどの愛称かと思いきや、本当のファーストネームはなんとジェレーナ! ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスが交際中に呼ばれたニックネームが本名とは驚き。小学生の頃にエレナという名前のクラスメイトがいたことから、先生が「もしニックネームで呼ぶとしたら?」と母親のヨランダ・フォスターに尋ね、「私は時々ジジと呼んでいるわ」と答えたため、それ以来ずっと定着したそう。
(Translation & Text: Naoko Ogata)

最終更新:5/19(日) 23:53
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事