ここから本文です

Creepy Nuts、リスナーで超満員だったトークショーに歓喜!

5/19(日) 0:40配信

ニッポン放送

4月30日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)が、パーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」が放送。R-指定とDJ松永が、先月4月28日(日)東京・日比谷公園にて開催されたイベント「ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019」のトークショーでのエピソードを語った。

Creepy Nutsのトークショーは、ニッポン放送のリスナー感謝イベント「ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019」で行われ、ゲストには「オールナイトニッポン0」の水曜パーソナリティで、テレビ東京のプロデューサーの佐久間宣行が出演。当日の会場は、超満員で溢れんばかりの人が集まり、3人の息の合ったトークに笑い声は絶えず、大盛況だった。

R-指定:すごく楽しかったよね。お客さんもめちゃめちゃ集まってくれて。

DJ松永:そう! とんでもない数のお客さんが来てくれたんですよ。トークイベントの後、(アナウンサーの)上柳昌彦さんとお会いして少しお話ししたんですけど、『その日では、たぶん一番お客さんが入っていた』と言っていて。

R-指定:マジ!?

DJ松永:マジで人がいっぱいいた。オープニングで(Creepy Nutsの2人で)お話しさせていただいて、途中で佐久間さんを呼び込んでラジオ愛を語ったけど、時間が足りなかった。

R-指定:あの時、不服に思っていることがあって……。松永さんと佐久間さんのラジオ愛を語るスピードが早すぎて、全く会話に入れなかった。俺は自分の好きなラジオの話を一つもできなかった…

DJ松永:確かに(笑)

R-指定:俺は時間を見ながら、どうしようかな~って考えていて。

DJ松永:俺と佐久間さんで『オードリーのオールナイトニッポン』の話とか、バナナマンのラジオの話でも盛り上がり。

R-指定:俺は自分の好きなラジオの話を挟む余地もなく、司会進行しかできず。

DJ松永:おかしな話なんですよね。ラッパーなのに、ずっと自分の言葉を殺していて……(笑)

R-指定:あの3人の中では一番年下で、ロン毛でヒゲがモジャモジャの男が(R-指定が)、アナウンサーさんと同じような動きをして……

DJ松永:俺もあの時R-指定に、ナイス局アナ!!って思った。

ステージでDJ松永と佐久間の話をまとめたり、タイミングを見てスムーズな進行をしていたというR-指定。このイベント後、チーフディレクターからも「やっぱり回しが上手ですね」、「台本に戻すのが上手だよね」と褒められたそうだが、これにR-指定は「アウトローでいきたいんですよ」とぼやき、司会業のMCではなく、ラッパーとしてのMC力をステージで見せたかったのだと語った。

(4月30日深夜放送 ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」より)

ニッポン放送

最終更新:5/19(日) 0:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事