ここから本文です

九六、福六野球はともに雨天順延

5/19(日) 7:34配信

西日本スポーツ

 九州六大学野球と福岡六大学野球の春季リーグ戦(ともに西日本新聞社後援)は18日、雨のため順延された。両リーグとも優勝を懸けた決戦が行われる予定だったが、水入りとなった。

【表】福岡六大学野球春季リーグ戦順位表

 九州六大学野球の第6週第1日の2試合は19日に福岡県飯塚市の筑豊緑地野球場で行われる。第5週終了時点では、九国大が7勝3敗で首位に立ち、同校は全日程を終了した。6勝3敗で福岡大と北九大が1試合を残して2位に並ぶ。19日に福岡大は九州大、北九大は西南大と対戦する。福岡大と北九大が勝てば7勝3敗で3校が並び、1校が勝っても九国大と並ぶため、優勝決定戦に持ち込まれる。福岡大と北九大がどちらも敗れた場合は九国大の3季ぶり51度目の優勝が決まる。

 福岡六大学野球の第6週第1日の試合は20日に組み込まれ、19日は第2日の試合を福岡市の福工大野球場で行う。第5週終了時で九産大と九共大が勝ち点4で並んでおり、第6週に優勝を懸けて直接対決する。2勝して勝ち点5としたチームが優勝となる。

 両リーグとも優勝チームは全日本大学選手権(6月10日から7日間、神宮など)に出場する。

西日本スポーツ

最終更新:5/19(日) 17:24
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/16(日) 5:50

あなたにおすすめの記事