ここから本文です

マドリーサポーターがジダンに不満を募らせる、続投に反対の声も

5/19(日) 11:54配信

SPORT.es

レアル・マドリーのサポーターはジネディーヌ・ジダンのいくつかの不可解な決断に不満を募らせている。
マドリーは今週末のレアル・ベティス戦で無冠に終わったシーズンに終止符を打つが、結果、内容共に全く良い兆しが見えない中、ジダンはマドリディスモを驚かせるいくつかの決断を下している。

アッレグリの辞任によりジダンがレアルを去る可能性が浮上

まず初めにジダンは今年のチーム・マドリディスタの低迷の原因の1つだったと言われているイスコやマルセロなどの選手達を必死に擁護する姿勢をとっている。

また、今シーズン、好プレーを見せていた数少ない選手達であるレギロン、マルコス・ジョレンテ、セバージョスの扱い方や怪我から回復したヴィニシウスが2試合でわずか33分しか出場機会を与えられていない事も疑問視されている。

結果的にヴィニシウスはコパ・アメリカのブラジル代表メンバーから落選した。

ジダンがクラブ・ブランコにやって来て以降、指揮を執った10試合で唯一全試合に出場しているのがイスコという点や、ケパ・アリサバラガの獲得に関心を示し、以前のようにケイラー・ナバスを擁護する気がない点も理解されていない。

またジダンが指揮を執った数試合から見て取れたように、ゲームプランの欠如や現在のパフォーマンスを考慮する事なく、彼の見解のもとでベストプレーヤーを出場させる事から彼の続投に反対する声も上がっている。

SPORT

最終更新:5/19(日) 11:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事