ここから本文です

ボヘミアン・ラプソディがアイドルまで感化!? 人気アイドルが語るフレディの魅力

5/19(日) 1:30配信

ニッポン放送

5月1日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』に、同日、ロックバンド・アカシックの理姫と奥脇達也が書き下ろした新曲『恋』をリリースしたアイドル・吉川友が出演し、最近夢中になっている映画について語った。

この日、元号が令和に変わるタイミングと共に誕生日を迎え、27歳となった吉川。最近とある映画を観たことにより、心境に大きく変化があったという。

吉田尚記アナウンサー:吉川さんが最近ハマってるものってあるんですか?

吉川:(ロックバンド・クイーンを題材にした映画)『ボヘミアン・ラプソディ』最高!

吉田:ハマるの遅いよ(笑)

吉川:生きてる人はみんな観た方が良い! 1週間ぐらい前に観たんですけど、めちゃくちゃ良かった!

吉田:あはははは(笑)

吉川:今日、自分の単独ライブがあったんですけど、ライブのコールアンドレスポンスをパクろうかなと思いました。

吉田:それもうクイーンのライブじゃないですか!

吉川:そうなんです(笑)。でもいつかクイーンのフレディ・マーキュリーみたいに白Tシャツに白いパンツで、あとスタンド付けっ放しのマイクで、”令和のフレディー・マーキュリー”としてやってみたいと思うぐらいカッコいいですね、クイーンは。

フレディ・マーキュリー、そしてクイーンへの憧れを語った吉川。さらにその後、吉川は映画『ボヘミアン・ラプソディ』にハマる直前、フレディ・マーキュリーのモノマネ芸人に会ったことを明かし、自分は映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観る運命にあったと話していた。

(5月1日深夜放送 ニッポン放送「ミューコミプラス」より)

ニッポン放送

最終更新:5/19(日) 1:30
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事