ここから本文です

前線が手薄なバルサ、コパ決勝前 最後のテストに挑む 【エイバル対バルサ 予想先発】

5/19(日) 19:07配信

SPORT.es

FCバルセロナは日曜日(日本時間23:15)にエイバルで、ラ・リーガ2018-19シーズンのラストゲームを迎える。

バルサ、最終節は主力7選手不在でBチームから5選手を招集

また同一戦は、レギュラーシーズンを締めくくる一戦であり、5月25日にセビージャのベニート・ビジャマリンで行われるバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝に向けてのテストともなるだろう。

■招集メンバー
レバンテ相手(1-0)に勝ち点3を獲得し、既に4月27日からリーグ王者となっているエルネスト・バルベルデのチームは、7人の負傷者を抱える中、今節は5人のフィリアル(Bチーム)の選手達が招集された。

指揮官バルベルデは、昨日の練習後に、エイバル戦を戦う19人のメンバーを発表した。
その中にはイニャキ・ペーニャ(GK)、ワゲ、リキ・プッチ、カルレス・ペレス、アベル・ルイスの5人が招集されている。
その中でデビューを飾る可能性があるのは、下部組織カデーテBからアスルグラナに加入したグラノジェルス出身のFWカルレス・ペレスと、指揮官達が将来に大きな期待を寄せているGKのイニャキ・ペーニャである。

■メンバー外
バルセロナに残るメンバーは、負傷中のラフィーニャ、デンベレ、ルイス・スアレス、コウチーニョ、テア・シュテーゲン、アルトゥール(グループ練習に参加したが、恥骨の違和感によって医師からの出場許可は下りていない)、そして前日練習前に膝に違和感を抱えていることが発覚したボアテングの7人である。
そして監督判断で、来シーズンは残留しないとされているCBのムリージョとフェルメーレンも招集外となっている。

■コパ決勝と同じメンバー?
FCバルセロナにとって、イプルア(エイバルの本拠地)で行われるゲームは、重要性を欠くわけではないが、一つのテストである。
チームは、勝ち点89を獲得してリーガを締めくくくり、良い感覚を持ってコパ・デル・レイの決勝バレンシア戦に挑めるように、当然ながら勝利を目指して戦う。
バルサはエイバルのホームで2014-15シーズンから無失点で4連勝(0-2、0-4、0-4、0-2)を飾っている。

バルベルデは昨日の記者会見で、先発メンバーに大きな変化はない事を前もって指摘した。それと同時にベニート・ビジャマリンで2冠を獲りに行くメンバー(コパ・デル・レイ決勝のメンバー)で挑む可能性も明らかにしている。

■バルベルデ・バルサの記録
最終節で勝利した場合、バルベルデのバルサは、リーガでの通算55勝目となり、勝ち点は181に到達する。
ゴール数に関しては現在187ゴールを記録している。

【バルサの予想先発】
なお、SPORTが予想したエイバル戦先発メンバーは以下の通りである。

■GK:シレッセン
■DF:セルジ・ロベルト、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ
■MF:ブスケツ、アルトゥーロビダル、ラキティッチ
■FW:アベル・ルイス、レオ・メッシ、マウコム

(文:SPORT)

最終更新:5/19(日) 19:07
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事