ここから本文です

武居が「イケメンは好きじゃない」とまさかのイケメン狩り宣言【6・30 K-1】

5/19(日) 19:20配信

TOKYO HEADLINE WEB

 K-1が5月19日に初の両国大会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」に向けたファンイベント『「K-1 WORLD GP」6.30両国大会 ロクテンサンゼロK-1見ようぜ!by 水道橋ラクーアガーデンステージ』を開催した。

 大会の目玉となる「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」に出場する武居由樹は他の日本人選手がみな自分の名前を出すことについて「まだまだです」と謙遜しながらも「みんな若い選手ですごくイケメン。僕はイケメンはあまり好きじゃないので、イケメンをしっかり倒していきたい」とまさかの「イケメン狩り」宣言。そして「世界最強決定トーナメントだが、僕が世界最強なので、それをもう一度証明するだけ」とV宣言した。

 武居はトーナメント出場選手のパートの後にファッションブランド「DIVINER」のクリエイティブプロデューサーに就任した城戸康裕のパートにも出演。サングラスをかけ、普段とは一味違う「サングラス武居」キャラでファッションショーのランウェイよろしくウオーキングを披露。「今日の俺かっこいいな、って感じ」と話すなどいつもとは違う一面を見せた。

 ミニファッションショーには小澤海斗も出演。こちらもいつもの小澤からは想像できないファニーなファッションで登場。

 小澤は両国大会では鷹大と対戦。試合については「自分に必要なことは勝つこと。勝つことだけを意識してやっていきたい。いろいろあったが、そのおかげで心も成長できたので良かったかなと思う」と話した。

 城戸は今後商品の開発も手掛けていくとのこと。そして中村拓己K-1プロデューサーに「俺の試合はいつすか? ちゃんとやってくださいよ。クルーザー級でもやりましょ。シナ・カリミアンとやりますよ。あの階級、リアルに多分何人か倒せそうだなって思いますよ。城戸vsカリミアンで」とまさかの階級を超えた戦いを提案したが、どこまで本気なのか…。

最終更新:5/19(日) 19:20
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事