ここから本文です

NGT48山口真帆らが3人だけの卒業公演「出会ってくれてありがとうございました」

5/19(日) 15:13配信

AbemaTIMES

 去年12月、自宅で男性2人から暴行される被害を受けたNGT48の山口真帆が18日、菅原りこ、長谷川玲奈と共に新潟市のNGT48劇場で卒業公演を行った。

 卒業する3人のみで行われたこの公演では、初のオリジナル楽曲「Maxとき315号」のほか2時間30分で全15曲を披露した。

 この日、山口を支えながら残留を決めた村雲颯香らメンバー7人が参加。角ゆりあ、日下部愛菜ら5人と共に披露した欅坂46の「黒い羊」では、会場にいたおよそ300人のファンがどよめいたという。さらに、総合プロデューサーの秋元康が3人のために書き下ろした新曲「太陽は何度でも」が披露された。

 自分たちの心境をつづった歌に感謝した3人。ファンに向けて菅原は「これからもどんどんどんどん、自分の新しい1歩を大きく踏み出せるようにがんばっていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。」と明かし、長谷川は「アイドルの長谷川玲奈は今日でさよならですが、声優の長谷川玲奈として皆さまとまたお会いできる日を目指し、全力で精一杯頑張りたいと思います。」と抱負を語った。そして最後に山口は「これから先また皆さんに会えるように、自分の人生を自分でしっかりと強く歩んでいきたいなと思っています。皆さんは私の宝物です。出会ってくれてありがとうございました。」とメッセージを読み上げた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/19(日) 15:13
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事