ここから本文です

中村太地七段が勝利 都成竜馬五段と本戦かけ二位決定戦でリベンジマッチへ/将棋・AbemaTVトーナメント予選Bブロック

5/19(日) 22:10配信

AbemaTIMES

 持ち時間5分、1手につき5秒が加算される将棋の超早指し戦「第2回AbemaTVトーナメント」の予選Bブロックの三番勝負が5月19日に放送され、中村太地七段(30)が佐々木大地五段(23)を2-1で下し、都成竜馬五段(29)が待つ二位決定戦へと進出した。昨年度最多勝と勢いに乗る新鋭に対して、対策を練った戦型が奏功。初戦で敗れた都成五段とのリベンジマッチで、逆転での本戦出場を狙う。

 敗戦を糧に、実直な棋士がいよいよ力を解放し始めた。持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算という、トップ棋士でも苦労する超早指し棋戦。初戦で都成五段に1-2で敗れ後がなくなっていたが、中村七段には確実に経験値が積みあがっていた。対局への集中力も徐々に高まっていたのか、第1局では佐々木五段が序盤で見せた一瞬の隙を見逃さず、大技を決めて84手で圧勝した。第2局こそ落としたものの、第3局も第1局同様に相掛かりの出だしに。ここでも序盤から優勢を築くと、解説した山崎隆之八段(38)が「(序盤から)リードを守り切った、このルールでは珍しい対局」と話すほど安定感抜群の指し回しで、88手で勝利した。

 一位決定トーナメント1回戦、二位決定トーナメント1回戦、いずれも三番勝負のフルセットを戦い、疲労こそあるものの、ルールへの適応は完全に終了した。「持てる力を全て出し切って、本戦を目指して頑張りたいと思います」と誓った様子は、将棋界の第一人者・羽生善治からタイトルを奪取したころと同じ勢いをまとっていた。

 敗れた佐々木五段のコメント 相掛かりは2局も指せたんでよかったんですけど、両方とも負けてしまったので、まだまだ修行不足だなと思いました。(次回)参加できるような成績を公式戦であげられるよう頑張りたいと思います。もう一度チャレンジしたいですね。

◆AbemaTVトーナメント 将棋界で初めて7つのタイトルで永世称号の資格を得る「永世七冠」を達成した羽生善治九段の着想から生まれた、独自のルールで行われる超早指しによるトーナメント戦。持ち時間は各5分で、1手指すごとに5秒が加算される。羽生九段が趣味とするチェスの「フィッシャールール」がベースになっている。1回の顔合わせで先に2勝した方が勝ち上がる三番勝負。予選A~Cブロック(各4人)は、三番勝負を2回制した棋士2人が、本戦への出場権を手にする。本戦トーナメントは8人で行われ、前回優勝者の藤井聡太七段、タイトルホルダーとして渡辺明二冠がシードとなっている。

最終更新:5/19(日) 22:10
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事