ここから本文です

日本維新の会が除名を決定~丸山議員が行ったいちばんの問題

5/19(日) 7:21配信

ニッポン放送

ジャーナリストの佐々木俊尚がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月15放送)に出演。日本維新の会が丸山穂高議員の除名を決定したニュースについて解説した。

日本維新の会が丸山穂高議員の除名を決定

日本維新の会は5月14日、北方四島ビザなし交流で訪問団に参加し、元島民に戦争で島を取り返すことの是非などを質問した丸山穂高衆院議員の除名を決定した。

飯田)酒に酔って、音声が録音されていたということです。

佐々木)朝日新聞が公開していましたよね。そんなに酔っ払っている感じではなかったので、酒のせいのするのはどうかという話もあります。戦争でないと取り戻せないというのはリアルな話ではありますよね。丸山穂高さんは28歳で最年少当選して話題になった若手議員のホープなのですが、もともと安全保障に関してリアリズム的な発言をしていて、核武装に関しても検討すべきだと言っています。

飯田)周りの情勢を考えると。

佐々木)集団的自衛権に関しても憲法改正をしましょうとおっしゃっていますし、北方領土はどうやったら取り戻せるのか、戦争以外に方法があるのかを議論することは間違いではないと思うのです。それは多分、維新の会など党内で議論しているでしょう。ただそれを公の場で国会議員が発言するということは別の話であって、倫理的にけしからんとかそういう話ではないのです。そうではなくて、それを言うとロシアに聞こえますよねということが問題なのです。

飯田)ロシアがさっそく反応して、ロシアのいいようにされてしまった。

佐々木)そうなのですよ。外交は慎重にやらなければならない。いまの日露交渉、北方領土に関わる安倍政権とロシア当局が交渉していますが、ほとんど出て来ないではないですか。情報公開しろと言っている人もいますが、そうではなくて秘密裏にやる必要があるのです。

ニッポン放送

最終更新:5/19(日) 7:21
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事