ここから本文です

テレ東・佐久間Pの“5月病の治し方”に共感続々!

5/19(日) 7:40配信

ニッポン放送

5月8日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」が放送。10連休となった大型連休明けの放送で5月病を話題にし、佐久間がやる気を出すために行っている意外な方法を語った。

「5月病に悩まされている人も多いんじゃないかと思いますが、最近の取材で『やる気が出ないときはどうするんですか?』とか聞かれると、僕は『結局は責任感ですからね』ってサラリーマン雑誌やビジネス雑誌ではまともに答えるんです。でも最近、ウソをついているのが辛くて……。

やる気が出ない時、どうしているのかなと改めて考えたら、ウソをついてサボっている(笑)。本当にね、そういうことがあるんですよ。担当した番組の数字が悪いときとか、ウソをついてサボることがある。スーパー銭湯に行き、そこで漫画を読んでいると罪悪感が溜まっていくんです。この罪悪感が“やる気出ない”を超えたときに初めて動き出す。これはお勧めですよ。サボるだけサボって、ウソをついてサボって、罪悪感がある一定量を超えるまで待ってから働き出すんです。」

どうしても仕事をする気にならないときは、とことんサボり、溜まった罪悪感で再び働いていると明かすと、SNSでは「すごい良い言葉」、「全く同じだ~」と佐久間に共感するコメントが並んだ。

また、自身が大学生だった時のことも振り返り、遊びに夢中で授業をサボっていた時期があったといい、「大学2年生の時に人生終わるかと思ったもんな……」と回想。そういった時期があっても、今は「オールナイトニッポン0」のパーソナリティを務めるなど好きな仕事で充実していることから、「人生は逆転がききますから。ダメな時は皆あるけど、最終的に帳尻を合わせれば良いから。絶望なんかしちゃだめですよ」と、リスナーに呼びかけていた。

(5月8日深夜放送 ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」より)

ニッポン放送

最終更新:5/19(日) 7:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事