ここから本文です

年収=貯蓄ではない!?貯蓄ゼロ世帯の割合とお金の増やし方

5/19(日) 18:00配信

LIMO

今すぐやめるべき支出

たとえ年収がそれほど高くない人でも、貯蓄を増やすことは十分可能です。収入を増やすことも大切ですが、支出を抑えて貯蓄に充てるお金を増やしていきましょう。

おすすめの方法は、毎月の固定費を見直すことです。光熱費やスマホ代などのプランを比較する、保険の保障内容が適切かを確認するなど、節約できる項目を探してみてください。

また、日常的な支出を抑えるのも大切です。ついコンビニに寄ってしまう癖がある方は、帰り道のルートを変更してみるのもいいでしょう。ちょっとした工夫で、賢く出費を減らしてくださいね。

まとめ

年収がそれほど高くなくても、どんどん貯蓄を増やしている世帯はたくさん存在します。「収入が少ないから」と貯蓄を諦めず、無駄遣いをやめて貯蓄に回していきましょう。出光熱費や保険などの契約内容を見直すと、改善点が見つかるかもしれませんよ。

【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

LIMO編集部

2/2ページ

最終更新:5/19(日) 19:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事