ここから本文です

広島7連勝! アドゥワが7回零封で自身2連勝&菊池4安打、阪神は甲子園で3連敗…

5/19(日) 17:05配信

Full-Count

アドゥワは防御率1.42と好成績を維持、鈴木が先制2点打

■広島 5-1 阪神(19日・甲子園)

 広島は19日、敵地・阪神戦に5-1で快勝し、7連勝を飾った。先発のアドゥワが7回4安打無失点の快投で2勝目。9回1失点の好投で先発初勝利を挙げた12日のDeNA戦から自身2連勝を飾った。打線は初回に鈴木が先制2点二塁打を放つと、菊池涼やバティスタのタイムリーで追加点を奪った。

【動画】怒涛の7連勝へ! 広島打線が阪神の先発秋山に襲い掛かり4回までに5点を奪う

 広島は初回、1死から菊池涼、バティスタが連打でチャンスを作ると、鈴木が2点二塁打。幸先よく先制した。さらに、2回は2死三塁で菊池がタイムリー。4回には菊池涼のタイムリースリーベース、バティスタのタイムリーで2点を追加し、5点差とした。

 アドゥワは阪神打線を2回まで無安打に抑えると、3回は2本のヒットで2死一、二塁とされたが、糸井は一ゴロ。6回もヒットと四球で2死一、二塁とされたが、福留はニゴロに仕留めた。7回も2死三塁とされたが、鳥谷を捕邪飛。ここでお役御免となった。

 8回はフランスアが無失点に抑えると、9回は一岡が1失点も逃げ切り、広島は7連勝。アドゥワは7回111球、4安打無失点の快投で防御率1.42と好成績を維持している。打線では、菊池が4安打2打点と存在感を見せた。

 阪神は9回に1点を返したものの及ばず。先発の秋山も5回5失点と踏ん張れず、本拠地で広島に3タテを食らった。

Full-Count編集部

最終更新:5/19(日) 17:11
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事