ここから本文です

謎を呼ぶバンクシー風の絵、今度は沖縄の集落に 墓の持ち主「だったらいいね」

5/19(日) 21:15配信

沖縄タイムス

 国内外で話題の正体不明の路上アーティスト、バンクシーの作品に似た落書きが読谷村比謝にもあり、にわかに関心を集めている。周辺住民らによると、2年ほど前からあったという。

この記事の他の写真・図を見る

 集落内にある3基の墓前の擁壁に、わきにポスターを抱えてバケツとペンキを持った男性の絵が、黒いスプレーのようなもので描かれている。隣には英語で「GIVE OTHERS SMILE」とある。ネット上には、バンクシーの作品で同じ絵があるが、擁壁の絵の真偽は不明。

 近所にある、ふれ愛保育園の喜舎場廣明園長は「誰かがいたずらで描いたのか。ニュースで話題になったバンクシーの作風に似ていてまさかな、と気になっていた」と話す。

 墓の持ち主の1人、伊佐眞政さん(76)は「ただの落書きだとしか思ってなかった。もしすごい作品だったら、みんなで楽しめたらいいね」と話した。

最終更新:5/19(日) 21:15
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事