ここから本文です

客船飛鳥Ⅱ、盛大に歓迎 大船渡港に寄港

5/19(日) 11:27配信

岩手日報

 大型クルーズ客船飛鳥Ⅱ(小久江尚船長、5万142トン、乗客定員872人)は18日、大船渡市の大船渡港に寄港し、市民が盛大に歓迎した。同日は国土交通省港湾局が同港周辺施設をみなとオアシスに認定する登録証授与式も行われ、港町の新たな門出を祝った。

 午前8時前から同市大船渡町の野々田埠頭(ふとう)で歓迎アトラクションを行い、同市三陸町綾里の綾里大権現の舞や大船渡商工会議所女性会(谷地美枝子会長)による太鼓演奏が披露された。

 同会は今回、権現様の獅子頭を手に持つパフォーマンスを初披露。谷地会長(70)は「大船渡に来てよかったと思ってほしい」と願いを込めた。

最終更新:5/19(日) 12:27
岩手日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事