ここから本文です

レヴァンドフスキ、22得点を挙げ2年連続4回目となるブンデス得点王に輝く

5/19(日) 0:44配信

SOCCER KING

 2018-19シーズンのブンデスリーガは18日に行われた第38節で全日程が終了。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが22得点で2シーズン連続4回目となる得点王に輝いた。

 2位は今シーズンバルセロナから加入したドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセルで、途中出場が中心ながら18点を記録してチームの優勝争いに貢献した。3位にはドルトムントの主将マルコ・ロイスやレアル・マドリード移籍が噂されているフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチら5人が17点で並んでいる。

■ 2018ー19ブンデスリーガ 得点ランキング
1位 22得点 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2位 18得点 パコ・アルカセル(ドルトムント)
3位 17得点 ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
3位 17得点 カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)
3位 17得点 アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)
3位 17得点 マルコ・ロイス(ドルトムント)
3位 17得点 ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク)
8位 16得点 ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
8位 16得点 イシャク・ベルフォディル(ホッフェンハイム)
10位 15得点 ユスフ・ポウルセンライプツィヒ)
10位 15得点 セバスティアン・ハラー(フランクフルト)

SOCCER KING

最終更新:5/19(日) 10:16
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事