ここから本文です

北京・円明園で出土品の修復プロジェクト始まる

5/19(日) 17:25配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・北京市の円明園(Yuanmingyuan)で、遺跡から出土した文化財を修復する「修復1860」プロジェクトと団体見学の予約などが始まった。

【写真】発掘した破片に埋もれて

 円明園内の遺跡では近年、考古学的発掘作業によって、磁器や瑠璃(るり)、石の彫刻などの文化財が数多く出土しており、磁器の破片だけでも10万個を超える。

 同プロジェクトの趣旨は、出土文化財の保護と修復の継続的推進と、関連文化の更なる復興を推進すること。同園では、破片を組み合わせて大まかな構造を復元した磁器6点を重点的に修復しており、完了後には一般公開する予定だ。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:5/19(日) 17:25
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事