ここから本文です

動画:水道管がボディーの「消防ロボット」 西安

5/19(日) 14:05配信

CNS(China News Service)

(c)CNS/JCM/AFPBB News

【CNS】中国・陝西省(Shaanxi)西安市(Xi'an)曲江(Qujiang)のある工事現場に現れたロボットが最近、ネットで注目を集めている。現場作業員によると、水道管の部品を利用して作られており、放水による消火活動だけでなく、粉じんを低減する散水機能もある。

 ロボットの高さは約3メートル。右手に放水器を持ち、左手は水道管と連結されており、目には「ミスト散布」できるノズルが設置されている。一般的な噴射システムと比べ、より粉じんを低減させることができるという。

 また、小型の環境モニタリングステーションと連動しており、空気の質が低下すると頭上のランプが警報を発し、噴射システムが作動するようになっている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:5/19(日) 14:05
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事