ここから本文です

「旅立つ時がきた…」シティ主将、コンパニが今季限りで退団へ

5/19(日) 18:11配信

ゲキサカ

 マンチェスター・シティは19日、ベルギー代表DFビンセント・コンパニ(33)が今季限りで退団することを発表した。

 2008年8月にハンブルガーSVから加入したコンパニは、公式戦360試合で20ゴールを記録。プレミアリーグ4回、FAカップ(国内杯)2回、リーグカップ4回、コミュニティーシールド2回のタイトルを獲得した。

 ここ数シーズンは怪我に悩まされたが、精神的な支柱としてチームを支え、今季はプレミアリーグ第37節のレスター・シティ戦でスーパーミドルを決め、連覇に大きく貢献。18日にもFA杯決勝でワトフォードに得点を許さず、シティをイングランド史上初となる国内3冠に導いた。

 コンパニは自身のフェイスブックを通じて「旅立つ時がきた。感謝しかない。最初の日を覚えている。マンチェスターの人々から受け取った無限の優しさをね。シティファンは良いときも、悪い時も常にサポートしてくれた。決して忘れることはないだろう。常に僕を後押しし、決して諦めないように奮い立たせてくれた」と綴り、ファンだけでなくチームメイトやスタッフ、家族にも感謝の言葉を綴った。

 なお、このメッセージは2部構成になっており、最後に「僕の将来についての第2部はまもなく」と記されている。

最終更新:5/19(日) 19:55
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事