ここから本文です

2得点の千葉FW船山、5発のゴールラッシュも「最後の失点はいらない」

5/19(日) 20:13配信

ゲキサカ

[5.19 J2第14節 千葉5-1岐阜 フクアリ]

 自身は2得点を奪った。チームは今季最多となる5ゴールを記録した。しかし、ジェフユナイテッド千葉FW船山貴之は試合終了間際に喫した失点は「本当にいらなかった」と振り返り、厳しい表情を見せた。

 ゴールラッシュの口火を切ったのが船山だった。MF堀米勇輝が蹴り出したCKのこぼれ球をMF矢田旭がゴール前に送ると、相手選手を背負いながら船山がバックヘッド。「ゴールは見えていないし、狙っていなかった」ものの、ボールは緩やかな放物線を描くと、GKヤン・オレ・シーバーズの頭上を越えてゴールマウスに収まった。

 さらにDF新井一耀が加点して迎えた前半22分にはFWクレーベの鮮やかなヒールパスから抜け出して、自身2点目をゲット。すると後半18分にはダイナミックなワンツーでクレーベの得点をお膳立て。お互いの得点を演出するなど、背番号10と背番号9の連係は向上中で「最近、クレーベとは分かりあえている」と胸を張った。

 前半だけで4得点と大量リードを奪っていたことで「後半は難しくなった」ものの、1点を加点するだけでなく、失点をせずに試合を進めていた。しかし、試合終了間際の後半45分に得点を許したことで、「最後の失点は本当にいらなかったと思う」と反省を口にした。

最終更新:5/19(日) 20:13
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事