ここから本文です

幻冬舎社長がツイッターを閉鎖「僕のツイートはこれにて終了」

5/20(月) 9:12配信

東スポWeb

 幻冬舎代表取締役社長の見城徹氏(68)が19日、ツイッターの更新を最後とすることを表明した。

 見城氏は作家・津原泰水氏(54)の著書の実売部数をツイッター上に公表し、大騒動になっていた。

 すでに謝罪しており、問題ツイートを削除したが、多くの作家や著名人から批判を浴び、会社に損害を与えた責任を取ったようだ。

「皆さん、今まで有難うございました」と記した後、「僕のツイートはこれにて終了します」と投稿を終了した。

 見城氏は10万人以上のフォロワーを抱えていた。「寂しいです。悲しいです」「見城さんと幻冬舎をこれからも応援させていただきます」「またいつでも戻ってきてください!」などの反応が寄せられている。

 一方、津原氏は「この度の騒動の余波で、Amazon等々で拙著の順位が上がっているのを、多くの方がご報告くださいます。有り難く感じています」とコメントし、騒動によって著書の販売が増えていることを明かした。

最終更新:5/20(月) 9:41
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事