ここから本文です

松山英樹、6位から「77」で16位への後退に「しんどかった、残念な結果」

5/20(月) 8:09配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇19日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>

撮れたて!松山英樹の最新ドライバースイング【連続写真】

「しんどかった」。思わぬ結果に唇をかんだ。

海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」は全日程が終了。トータル4アンダー・6位タイと好位置からスタートした松山英樹だったが、「77」と苦しみ、トータル3オーバーの16位タイまで順位を落として4日間を終えた。

風も吹き、メジャーコースがキバをむいた大会最終日。序盤からバーディとボギーが1つずつくる展開となった松山。だが、4番で約2.3mのバーディパットを外すと、続く5番で痛恨のダブルボギー。その後も流れに乗れず3バーディ・6ボギー・2ダブルボギーと、最後まで厳しい展開を立て直すことができなかった。

ホールアウト後のインタビューでは「天気が荒れてケプカも落とすのかと思いましたが、フェアウェイを中々捉えられず、リカバリーもうまくできなかった。残念な結果となりました」と全体を振り返った松山。「4番取れなかったのはいたかったですが、5番でダブルボギーにしてしまって。上との差などを考えたときに、その後もうまく気持ちが付いていかなかったですね」と話した。

それでも「今日は悪かったですが、いいショット打ててきているところもあるので、そこをプラスに考えて。そのショットをどんなときでも打てればDJ(同組のダスティン・ジョンソン)みたいに追いかけられると思う」と前を向いた。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/20(月) 8:33
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事