ここから本文です

【山中慎介ジャッジ】井上尚弥、パンチの破壊力を生かすハートの強さ

5/20(月) 7:04配信

スポーツ報知

◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 ○WBA王者・井上尚弥(2回TKO)IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス●(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

【写真】雪が舞う中、山中湖畔を走る井上尚弥と拓真

 英国に襲来したモンスターが無敗王者を259秒殺だ! WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が、19戦全勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=との王者対決で3度のダウンを奪い、2回1分19秒TKO勝ち。IBF王座奪取とWBA王座の2度目の防衛に成功し、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)優勝に王手をかけた。決勝の相手、WBAスーパー王者で世界5階級制覇ノニト・ドネア(36)=フィリピン=に破壊力を見せつけた。

  *  *  *

 井上尚は過去最高のパフォーマンスだ。バンタム級3試合を1回、1回、2回とKOで決着をつけてきた。とても下の階級から上げてきた選手とは思えない。パンチの“火薬”の量が他の選手と段違いと例えればいいだろうか。その破壊力を生かすのはハートの強さと見ている。

 ロドリゲスは意外にも様子見をせず、積極的に攻めてきた。相手パンチをかわし、素早くカウンターを放つ動作などは、さすが王者という技術で対策を十分練ってきた様子がうかがえた。

 井上尚は後退し、距離感を測りかねて左フックを数度空振りした。自分で力みを悟り、2回から重心を落として相手の圧力に対抗する手段を編み出した。パンチが走り始め、スムーズに連打が出始めると、すぐに先制ダウンを呼び込んだ。修正の早さは技術だけでなく、焦らない。すなわち、気持ちが強くないとできないものだ。

 2度目のダウンを奪った左ボディーアッパーも“怪物”的だった。攻勢をかけて距離が詰まっていながら半ば強引に左を打って倒した。普通なら近すぎて強振できない位置だが、並外れたパワーがあるからこそできる芸当だ。

 決勝のドネア戦だが、気負わず普段通りで臨めばいい。それぐらい今は隙がない。むしろドネアが序盤に勝負を懸けるぐらいの気概がないと、勝機を見いだすのは難しいかもしれない。ただ、得意の左フックは今でも脅威だ。スリリングな展開になるだろう。(元WBC世界バンタム級王者)

最終更新:5/20(月) 7:11
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事