ここから本文です

Wシリーズ第2戦ゾルダー:小山美姫、怒涛の追い上げで8位入賞。ヴィッセール初優勝

5/20(月) 16:48配信

motorsport.com 日本版

 Wシリーズの第2戦がベルギーのゾルダーで行われ、オランダ人のベイスク・ヴィッセールが初優勝を果たした。

 予選でヴィッセールは、開幕戦勝者であるジェイミー・チャドウィックに敗れ、ポールポジションを逃した。しかしヴィッセールはスタートで首位を奪うと、セーフティカーランからのリスタートでもポジションを失うことなく、ファステストラップも獲得する走りで30分+1周のレースを逃げ切ってみせた。最終的には8.5秒の差をつけての完勝だった。

 2位争いは白熱するモノとなった。チャドウィックは、開幕戦ホッケンハイムで2位となった同郷(ふたりともイギリス人)のアリス・パウエルからプレッシャーを受けたがこれを阻止。最終的には0.633秒での決着となった。4位にはスペインのマルタ・ガルシア。5位にはイギリスのサラ・ムーアが入った。

 レース後半に目覚ましい走りを披露したのが小山美姫だった。小山は13番手からのスタートとなったが、レース中に追い上げ、8位でフィニッシュした。小山は開幕戦の7位に続き、2戦連続での入賞。これで獲得ポイントを10として、ランキング8位となった。

Lucy Morson

最終更新:5/20(月) 16:48
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事