ここから本文です

リッキー・ファウラー「ゴルフをするには大変な一日だった」【全米プロ最終日コメント集】

5/20(月) 12:13配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇19日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>

全米プロ連覇達成! B・ケプカの超最新スイング【連続写真】

米国ニューヨーク州にあるベスページ・ブラックコースで開催された海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」。最終日は4日間で唯一強い風が吹き荒れたこともあり、多くの選手がスコアメイクに苦戦した。以下に、主要選手のコメントを掲載する。

ローリー・マキロイ(トータル1オーバー・8位タイ)
「今日は非常に難しいコンディションになったので、おかげで順位を上げられた。今週を締めくくる上でいいプレーができたと思う。(全米オープンについて)以前、ペブルビーチの全米オープンではトム・ワトソンと予選ラウンドを回ったが、とても素晴らしい時間だった。ここ数年は全米オープンの成績があまりよくないので、今年はメモリアル、カナダとプレーしてからペブルビーチに乗り込むつもりだ。メジャーに向けて、自分のゴルフをよりよい形にできることを楽しみにしている」

ジョーダン・スピース(トータル2アンダー・3位タイ)
「今日のプレーは長い間感じた中で最高のものだった。非常に満足しているよ。今週このコースに来て、勝つチャンスがあるとは考えにくいと思っていた。でも、今週は進歩できたと感じている。この上手くいった感覚を持って次のコースに行けるし、ベスページよりも良いプレーができるのではと感じている。まだやるべきことはあるが、自分はいいところにいると思っている」

リッキー・ファウラー(トータル6オーバー・36位タイ)
「風の中でプレーするのは大好きだけど、今週は上手くショットできなかった。今日はゴルフをするには大変な一日。この難易度をプレーしていない人々に説明にするのは難しいけど、ここやメジャーを開催するようなコースでは、真の実力をはかる上で適正なセッティングがなされる。それは本当に難しい状況。スコアがすべてを物語っている」

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/20(月) 13:09
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事