ここから本文です

BMW M5 に35周年記念車、ゴールドアクセント内装+625馬力…世界限定350台

5/20(月) 21:15配信

レスポンス

BMWは5月17日、『M5』の登場から35周年を記念した特別限定車、「M5エディション35イヤー」(BMW M5 Edition 35 Year)を欧州で発表した。

画像:BMW M5 エディション 35 イヤー

M5エディション35イヤーは、1984年の初代BMW M5の登場から35年を迎えたことを記念した全世界350台の特別モデルだ。BMWは6世代にわたり、M5のドライビングダイナミクスを絶えず進化させてきた。

◆35周年記念車にふさわしい特別な内外装。インテリアはゴールドがアクセント

M5エディション35イヤーのボディカラーには、BMW インディビジュアルの特別色、フローズンダークグレーメタリックを採用する。アルミホイールはYスポークデザインで、カラーはグラファイトグレー仕上げ。標準装備されるMコンパウンドブレーキシステムのキャリパーは、高光沢のブラックで仕上げられる。オプションのMカーボンセラミックブレーキシステムは、ゴールド塗装のブレーキキャリパーが装備される。キドニーグリルやドアミラーをブラック仕上げとし、ブラック仕上げの専用スポーツエグゾーストも採用。サスペンションは専用チューンとなり、車高が若干引き下げられている。

インテリアは、MマルチファンクションシートとBMW インディビジュアルのメリノフルレザートリムを採用した。このトリムは、ベージュのコントラストステッチが配されるのが特長だ。インストルメントパネル、ドアトリム、センターコンソールは、アルマイト処理されたアルミカーボン構造のゴールド仕上げとした。ドアシルフィニッシャーと、センターコンソールのカップホルダーカバーには、特別なモデルであることを示すエンブレムが装着される。

◆歴代最強のM5コンペティションがベース。4.4リットルV8ツインターボは625hp

M5エディション35イヤーのベース車両は、新型「M5コンペティション」だ。最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボの強化版を搭載する。最大出力は625hp/6000~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5800rpm。ベース車両の新型M5に対して、最大トルクは変わらないものの、最大出力は25hp引き上げられ、歴代M5で最強のスペックを獲得する。

トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」。駆動方式は、4WDの「M xDrive」。通常状態では、FRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化する。このM xDriveはDSCをオフにした場合、走行モードは4WD、4WDスポーツ、2WDの3種類が選択可能。後輪には、アクティブMディファレンシャルが組み込まれた。

動力性能は、0~100km/h加速が3.3秒と、新型M5の3.4秒に対して、0.1秒短縮。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーパッケージでは、最高速を305km/hに引き上げることも可能だ。

◆M専用デザインの最新デジタルコクピットを装備

M5エディション35イヤーには、最新のデジタルコクピットを装備する。この大型デジタルコクピットは、M専用デザインとなっており、ドライビングダイナミクスシステムや4WDのM xDriveのモード、ドライブロジックの設定といった情報を表示する。

また、スポーティに走行する場面で重要な機能として、可変式のエンジン回転数事前警告フィールド、マニュアルシフトモードで最適なシフトタイミングを知らせるシフトライトがある。この走行データは、M専用ヘッドアップディスプレイに表示することもできる。

さらに、ドライビングダイナミクスシステムの機能の設定のほとんどは、タッチスクリーン式センターディスプレイ、センターコンソール上のスイッチ、Mスポーツステアリングホイールで操作できる。センターディスプレイは、ジェスチャーコントロールにも対応している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/21(火) 10:05
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事