ここから本文です

古市憲寿氏、池袋暴走の元院長が逮捕されないことに「不公平感があるのはわかるけど、そもそも日本が逮捕しすぎ」

5/20(月) 9:40配信

スポーツ報知

 20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、東京・東池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が運転する車が赤信号を無視して暴走し、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)が死亡、10人が負傷した事故について特集した。

【写真】古市憲寿氏のコメント「オマエ、いいかげんにしろよ。考えて発言しろよ」

 元院長については現在、逮捕せず任意で聴取を継続。番組は献花に訪れた人を取材し、逮捕されないことに「不公平」など疑問の声が挙がっていた。

 スタジオではボードを使い「逮捕しなくても起訴できる」「逮捕しない=無罪ではない」などと説明を行った。

 社会学者の古市憲寿氏(34)は「逮捕って別に刑罰なわけではないですよね。逮捕されて拘留される時って別に刑は確定していないわけで、この人が犯罪者かどうかまでわからない状態なわけですよね。逮捕=罰を与えるって誤解されている人は、逮捕って思われるかもしれないですけど」とし、「ただ、今回の事件で不公平感があるっていうのはわかるんですけど、そもそも日本が逮捕しすぎって話もあって。証拠隠滅や逃走の恐れがない場合、本来逮捕すべきでない事案に対しても比較的逮捕が容易になされていることが、今回の誤解を生んでいるのかなと思いますね」との見解を示した。

最終更新:5/24(金) 7:55
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい