ここから本文です

【ダービー馬体診断】ダノンキングリー

5/20(月) 13:52配信

デイリースポーツ

 「日本ダービー」(26日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、ダービーに出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 令和元年、ダービー出走馬の馬体をチェック

 【ダノンキングリー 評価A】 いい意味でコンパクトにまとまりつつも、全体的にビルドアップを感じさせ、筋肉の凹凸がくっきり。代謝の上がる時季で毛ヅヤが良化してきているとはいえ、明らかに今回の方が張りがある。それでもアバラをうっすらと見せており、絶妙とも言えるバランスを維持。目付きはやや鋭いが首差し自体には力みがなく、リラックスした立ち姿だ。

 皐月賞時1週前との比較で、心身ともに成長を感じさせる。トレセンに帰厩後の調整も前回とほぼ同様のパターンで、1週前は美浦Wでビッシリと併せ馬を消化。きっちりと整っている。

(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F80秒1-38秒4-12秒7(一杯)。大きく追走しながらも、直線は力強く抜け出して好時計をマーク。しぶとく食らいつく相手を振り切った伸び脚は迫力があった。馬体の緩みもなく、態勢に抜かりはない。

最終更新:5/20(月) 14:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事