ここから本文です

【ダービー馬体診断】リオンリオン

5/20(月) 13:52配信

デイリースポーツ

 「日本ダービー」(26日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、ダービーに出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 令和元年、ダービー出走馬の馬体をチェック

 【リオンリオン 評価C】 前哨戦の青葉賞で逃げ切り勝ち。今までの甘さを払拭できたが、詰めて使っているローテーションからすれば、急激な成長があったとは思いにくい。まだ写真撮影のポージングが決まっておらず、キャリアはあっても気性的にどっしりしたところはない。

 首差しから前腕のボリュームに比べれば、トモの膨らみや股のボリュームは物足りない。胴や背が短く前が勝った体形や破折(※1)気味のつなぎからすれば、青葉賞は勝っているが東京の芝二四での時計勝負がベストではなさそうだ。まだ完成途上の印象があり、秋以降が楽しみだ。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒1-39秒2-13秒1(一杯)。ウレキサイト(3歳500万下)と併入。テンからスムーズに折り合い、最後まで力強く伸びた。好調をがっちりキープしている。

 (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。

最終更新:5/20(月) 14:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事