ここから本文です

鶴竜、栃ノ心、朝乃山が勝ち越し 炎鵬、琴恵光は2敗で追う 

5/20(月) 18:05配信

スポーツ報知

◆大相撲夏場所9日目(20日・両国国技館)

 一人横綱の西横綱・鶴竜(33)=井筒=は、結びの一番で東前頭4枚目・隠岐の海(33)=八角=を寄り切りで下し、1敗を守り勝ち越しを決めた。

【写真】幕内勝ち越し1号の朝乃山

 西関脇・栃ノ心(31)=春日野=は、新大関・貴景勝(22)=千賀ノ浦=が9日目から再休場したため、不戦勝で8勝目を挙げ勝ち越した。1場所での大関復帰条件の2ケタ白星へはあと「2」となった。10日目は西小結・御嶽海(26)=出羽海=と顔を合わせる。

 西前頭8枚目・朝乃山(25)=高砂=は、西前頭5枚目・竜電(28)=高田川=を破って、幕内の勝ち越し1番乗りとなった。

 西前頭14枚目・炎鵬(24)=宮城野=と西前頭15枚目・琴恵光(27)=佐渡ケ嶽=が2敗で追う。

最終更新:5/20(月) 19:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事