ここから本文です

元さくら学院・山出愛子、ソロライブで新曲披露「恋愛経験ゼロの私が歌う恋愛の曲」

5/20(月) 12:44配信

オリコン

 昨年3月にアイドルグループ・さくら学院を卒業したシンガー・ソングライターの山出愛子(16)が19日、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEでソロライブ『Aiko Yamaide LIVE Diary Vol.3 0519』を昼夜2回開催し、3rdシングル「夏の恋の終わり」(7月17日発売)を披露した。

【写真】ファンの歓声に応える元さくら学院の山出愛子

 夜公演は「瑠璃色の地球」(松田聖子)のカバーからスタート。「皆さんにゆったり聴いてもらえるように、ゆっくりした曲を選んで来ました」とあいさつすると、ギターの太田貴之、ベースの奥野翔太(WEAVER)の演奏をバックに、キーボードを弾きながら「スマイル」(昨年8月発売)、「Choice」(同12月発売)といったシングル曲、「366日」(HY)、「たばこ」(コレサワ)などのカバー曲をピュアに歌い上げ、観客は全編にわたって着席でじっくりと聴き入った。

 アンコールで披露した新曲「夏の恋の終わり」は、本人曰く「恋愛経験ゼロの私が歌う恋愛の曲」。女友達からの恋愛相談を元に書いたという。「最後の『プールサイドに置き去りにされたタオルと私』という描写からこの曲が広がったといっても過言ではありません」と聴きどころを説明し、透明感のある歌声を響かせた。

 8月17日に同所でライブを行うことも自ら発表。「音楽的にも人間的にも成長した私をお届けできれば。みなさんとまた楽しい時間が過ごせたらと思います。また来たいなと思ってくれた方、予定が入ってないよ、予定をこじ開けるよという方、よかったら遊びに来てください」と茶目っ気たっぷりに呼びかけた。

 6月1日には所属事務所アミューズ主催の音楽フェス『Amuse Fes in MAKUHARI 2019』(千葉・幕張メッセ国際展示場)にも出演する。「幕張メッセは今度で3回目になるんですけど、何回立っても緊張します。私なりに爪あとをガリッと残せるようなパフォーマンスができたら。(グッズの)タオルをいろんなファンの人に宣伝しておいてください」と、自身のファンに新規ファン獲得を託して笑いを誘っていた。

■『Aiko Yamaide LIVE Diary Vol.3 0519』夜公演セットリスト
01. 瑠璃色の地球
02. 明日への手紙
03. Choice
04. スマイル
05. ふたりことば
06. 366日
07. たばこ
08. Beautiful
09. ひらりひらり
【アンコール】
10. 夏の恋の終わり
11. 大切な君へ
12. 同じ空の下

最終更新:5/26(日) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事