ここから本文です

1.5リッタークラスがアツかった! 1980年代のスポーツコンパクト5選

5/20(月) 6:10配信

くるまのニュース

1980年代に1.5リッター以下のクルマが人気に

 1960年代から1970年代の「マイカーブーム」でクルマの本格的な普及がはじまり、経済の成長に合わせるかのようにエンジンの排気量やボディサイズも大きくなっていきました。

スピードを追求したコンパクトカーを画像でチェック(14 枚)

「隣のクルマが小さく見えます」という他車を挑発するような広告もありましたが、1970年代半ばでも2リッターエンジン搭載車は贅沢なクルマで、ファミリーカー市場は1.6リッター以下が人気でした。

 なかでも自動車税が安いことや、車重1トン未満が多く、車検時の重量税も安い1.5リッター以下のクルマが人気となり、各自動車メーカーも力を入れていましたが、1980年代になるとこのクラスでもパワー競争が始まり、同時にスポーティで個性的なクルマも登場しました。

 そこで、1980年代の1.5リッタークラスで人気だったスポーティカーを5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「ミラージュIIターボ」

 1978年に三菱初のFF車としてデビューした「ミラージュ」は、コンパクトなボディの3ドアハッチバック(後に5ドアや4ドアセダンもラインナップ)です。

 搭載するエンジンは1.4リッターと1.2リッターの2種類で、1979年には1.6リッターエンジンを搭載するスポーティな「1600GT」を追加し、スタイリッシュなデザインと取り回しの良さで人気となりました。

 しかし、同年にトヨタ「カローラ」や日産「サニー」、マツダ「ファミリア」などライバル車が1.5リッターエンジンをラインナップ。

 同クラス車が相次いで1.5リッター化されたことを受け、1982年のマイナーチェンジ時に、クラス初のターボチャージャーを装着したエンジンを搭載する「ミラージュIIターボ」を追加します。

 1.4リッターでありながら105馬力を発揮し、派手なボンネットのデカールで速さをアピール。ターボエンジンが珍しい存在だったことで一躍人気車種に返り咲き、1983年に2代目ミラージュが登場するまで販売されました。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 22:01
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事