ここから本文です

丸山氏、辞職勧告案に反発 松井市長の「アルコール依存症」ツイートには撤回要求

5/20(月) 12:23配信

BuzzFeed Japan

北方領土の返還問題について「戦争しないとどうしようもなくないか」などと発言し、日本維新の会から除名された丸山穂高・衆院議員が5月20日午前、国会内で報道陣の取材に応じた。丸山氏は野党が共同提出した辞職勧告決議案について、「言論府として由々しき事態」だと反発し、改めて議員辞職を否定した。【吉川慧 / BuzzFeed Japan】

問題の発端は国後島での発言

丸山氏は北方四島のビザなし交流の訪問団に一員として同行。朝日新聞などによると、5月11日夜、国後島の「友好の家」での懇談中にビザなし交流訪問団長の大塚小彌太さんに、以下のように発言した。

------
丸山議員:団長は、その戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか。

大塚さん:戦争で?

丸山議員:だから、ロシアが混乱しているときに、取り返すのはOKですか。

大塚さん:いや、戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない。

丸山議員:でも取り返せないですよね。

大塚さん:いや、戦争したって、戦争するべきではない。

丸山議員:戦争しないとどうしようもなくないですか。

大塚さん:戦争は必要ないです。
------

当時、丸山氏は酒に酔っていたという。

野党6党派「平和主義に反する」と辞職勧告決議案

丸山氏の発言は各党が問題視。14日には菅義偉官房長官が記者会見で「報道されていることが事実であれば、誠に遺憾」と不快感を示した。

同日、丸山氏は離党届を提出したが、日本維新の会は丸山氏を除名処分とした。

丸山氏は16日午後の衆院本会議を欠席。公の場に姿を見せていなかったが、19日に「行方不明説が出ているらしいので」として、自身のTwitterを更新。

日本維新の会の片山虎之助共同代表らがガルージン駐日ロシア大使に丸山氏の発言を陳謝したことに言及し、「ロシアへの“おわび”は完全に意味不明な対応」と批判した。

立憲民主党、維新など野党6党派は「我が国の国是である平和主義に反し、国際問題にも発展しかねない。国益を大きく損ねる暴言」などとして、17日に丸山氏の議員辞職勧告決議案を衆院に共同提出した。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 12:33
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事