ここから本文です

戸惑う客、雑貨店に…客が持つメモの電話番号をネット検索したら「詐欺」 店員が客守る 川口署が感謝状

5/20(月) 6:58配信

埼玉新聞

 振り込め詐欺を未然に防いだとして、埼玉県の川口署は東京信用金庫蕨支店の窓口担当小池祥子さん(31)と雑貨店店員小林由紀さん(50)に感謝状を贈呈した。

走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は

 小池さんは4月17日、窓口を訪れた70代の女性が現金100万円の高額な引き出しを請求し、理由も曖昧だったことから振り込め詐欺を疑い、警察にホットライン通報した。

 小林さんの店舗には同24日、80代女性が戸惑ったような様子で来店。「どうされましたか」と声を掛けた。女性が電話番号が書かれたメモを持っていたことから、スマートフォンを使って電話番号を検索。「詐欺」などと出てきたことから、振り込め詐欺と確信し、女性を説得した。女性は店舗から立ち去ってしまったが、後日、同署に相談。被害に遭っていないことが確認された。

 2人は被害がなかったことに安堵(あんど)した様子で、小林さんは「最後まで見届けられなかったので不安だったが、未然でよかった」と笑顔だった。

 同署の作田隆志署長は「ちょっとした機転が被害の未然防止につながる。社会全体で被害者を出さないような形をつくり上げることが大事」と話していた。

最終更新:5/20(月) 7:08
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事