ここから本文です

千葉ジェッツ選手、ファンと交流 船橋アリーナで大感謝祭

5/20(月) 10:50配信

千葉日報オンライン

 バスケットボール男子Bリーグで、2年連続準優勝となった千葉ジェッツふなばしが19日、船橋市の船橋アリーナで「ブースター大感謝祭」を開いた。シーズンを終えた全選手や大野篤史ヘッドコーチ、島田慎二社長も参加。声援を送り続けたブースター(ファン)へ感謝のあいさつを述べ、交流を深めた。

 今回は本拠地の試合会場で初開催。駆け付けた大勢のブースターを前に、島田社長は「最後まで諦めないチームになったのは皆さんのおかげ」と感謝し、大きな拍手が送られた。

 大野ヘッドコーチは「皆さんの声援がなければ戦えなかった」、船橋市出身の石井講祐選手は「毎回満員にしてくれたのは本当にうれしいこと」とあいさつした。松戸徹市長も出席し「悔しかったけど、来年こそは優勝パレードをしましょう」と激励した。

 大宮宏正選手が出演した動画が流れると、会場は笑いに包まれ一気に和やかなムードとなった。選手とブースターが卓球やフリースローで対決するイベントも実施。富樫勇樹選手は「卓球もうまいと思う」と自信を見せ、笑顔で交流した。

最終更新:5/20(月) 10:50
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事