ここから本文です

高松市中心部のマンション火災 自分の部屋に放火した疑いで37歳女を逮捕

5/20(月) 18:29配信

KSB瀬戸内海放送

 19日深夜、高松市中心部のマンションで起きた火事で、警察は火元の部屋に住む37歳の女を放火の疑いで逮捕しました。

(記者)
「はしご車から放水活動が続けられています、それでも火はなお、大きく燃え広がっています」
(マンションの住人はー)
「火のにおいでくさいなと思って、あれっと思ってベランダから見上げたら火の手が上がっとって」

 19日午後11時半ごろ、高松市築地町の9階建てマンションの7階の一室から火が出ました。消防車など17台が出動し、約2時間後に消し止めました。

 警察は、現場の状況などから火元の部屋に1人で住む無職の山城恵子容疑者(37)を現住建造物等放火の疑いで20日午前、逮捕しました。

 山城容疑者は煙を吸って喉の不調を訴え病院に搬送されていました。また、マンション8階に住む男性2人も煙を吸って軽いけがをしました。
 山城容疑者は「放火していません」と容疑を否認しています。

最終更新:5/20(月) 18:36
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ